環境事業

ホーム環境事業>GC工法

大型異形管ライニングGC工法

GC工法の概要

インシチュフォーム施工中

老朽化したボックス型など異形管の補強・補修は既存のライニング工法ではライナーが厚くなり、困難とされていたものを、35年以上の実績のあるインシチュフォーム工法と併用して更生します。GC工法は管内表面に繊維強化プラスチック製(GFRPなど)の補強板を取り付け、インシチュフォームライナーを反転挿入して、加熱によって融着合成させ複合ライニングを形成します。

GC工法の特長

  • 1.複合ライニングは高強度で、大型の異形管の補強を可能としました。
  • 2.ライナー厚最大42mm程度まででGFRPと融着合成させることで、経済的な設計厚を選択できます。
  • 3.流下能力はライナー内面が滑らかなため確保することが出来ます。
  • 4.コーナーの空隙部は充填剤を注入し、既設管と一体化させることで高強度の管として更生します。
  • 5.開削工法と比較して経済的であり、短期日に施工できます。

【施工の流れ】

GC工法の流れ
このページのトップへ

飯田建設株式会社