環境事業

ホーム環境事業>インシチュフォーム工法

インシチュフォーム(INSITUFORM)

インシチュフォーム工法の特長

インシチュフォーム工法の施工前と施工後

1.管種や劣化の程度を問わず強度、耐震性の向上が可能

管種に関わらず既設管のあらゆる劣化状況に応じて、内面の腐食対策から管路の強度回復を含む全機能の更新更生(自立管)が可能です。

さらに構築された更生管は、伸縮性、曲げ性能を有し、途中に継手部のない一体構造管路となり、新設の既設管同等の強度確保が可能なため、耐震性の向上が可能です。

2.最適な工法の採用による優れたコストパフォーマンス

豊富な工法バリエーションと材料バリエーションにより最適工法を選定できるため、費用対効果に優れ経済的です。

3.あらゆる流体、形状、管径に対応

硬化した樹脂が新しい連続した管路を構築するため、下水・上水、農水・工業用水などあらゆる流体に適応。また、しなやかなライナーバッグは円形・卵形、馬蹄形から矩形断面まで、既設管路のあらゆる形状に対応するとともに、100mm程度の小口径から2,600mmの大口径まで施工できます。

4.流下・通水能力が向上

新設管路は既設管内面に密着するため断面ロスが少なく、粗度係数の向上により、流水能力を向上させることが出来ます。

5.安定した品質を確保し、管路の寿命を飛躍的に向上(50年耐久性)

適正な圧力・温度管理の下に、温水または蒸気を利用してライナーバッグを硬化させるため、均一かつ高品質な管路を構築します。

新設管路は、50年後のクリープを想定して設計され、耐久性、耐薬品性の向上、ならびに既設管の腐食を防止し、管路の寿命を半永久的に向上させます。

6.曲がり管路、長距離施工、短時間施工が可能

反転工法では鉛直や水平曲がりを始め、伏せ越し管路施工、継手部の段差施工が可能です。特に水圧反転工法では水の浮力、推進力を利用し、長距離施工に優位性があります。短距離のまっすぐな管路では、ライナーバッグを引き込む形成工法、および蒸気硬化の選定により短時間での施工が可能となり、交通規制や断水時間を大幅に短縮することができます。

このページのトップへ

飯田建設株式会社